手根管症候群について  


   手根管症候群とは、手首を通っている正中神経が圧迫されることで、痛みが発生する病気のことである。
   手首の手のひら側の手根管と呼ばれている部位を通り手の親指側に分岐しているのが正中神経だが、この正中神経は、腫れなどの様々な原因によって線維組織の束の影響を受け手根管が圧迫され痛みが生じることになる。
   手根管症候群は、聞きなれない病気かもしれないが、決して珍しい病気ではなく、手首を伸ばした状態で力を入れる作業などを繰り返し行っている人や、パソコンを使用する時に姿勢が悪い人、振動している道具を長時間使用する人などによく見られ、特に女性に多く発症している。
   手根管症候群は方手のみに発症する人もいれば両手に発症する人もいる。

   また、妊娠中の女性や、糖尿病・甲状腺機能が低下している人・痛風・関節リウマチなどの人も手根管症候群になる可能性は高い。
   手根管症候群の症状として現れるのは、親指や人差し指・中指に痛みやヒリヒリした感覚・しびれ・知覚過敏といったものになる。
   中には、腕や肩に熱感や痛み、ヒリヒリとした感じを覚える人もおり、睡眠中などの手を置く位置によって痛みがひどくなることもある。
   手根管症候群は、手を動かさずにいると次第に手の親指側の筋力が低下してしまい、萎縮してしまう。

   手根管症候群は、手を診察することで、診断できるが、問題を起こしていることの確認の為に手術をする前に神経伝導試験を行うことになる。
   手根管症候群の治療は、なによりも手首を伸ばしすぎないようにし、正中神経を圧迫しないようにすることが重要になってくる。
   この為、そえ木を使って、自然な位置で手を固定することが有効となるが、他にも、パソコンのキーボードを適切な角度に調節して使用するなども効果的である。
   手根管症候群の原因となりうる基礎疾患である、関節リウマチや甲状腺機能の低下、といったものは、本来の病気である基礎疾患を治療し治すことで手根管症候群も改善することがある。

   また、痛みがひどい状態であってり、筋委縮や筋力低下といった症状がみられるようであれば、正中神経の圧迫を取り除く手術をすることが最も有効的な治療となる。
   この場合、正中神経を圧迫している線維組織を切り離すことになる。
   手術まで行かない場合であれば、ステロイド懸濁液を手根管に注射することで長期間に渡り症状を軽減することが可能である。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド