撓骨管症候群について 


   撓骨管症候群は、撓骨神経の分岐が圧迫される状態である。
   撓骨神経は、腕の後ろ側や前腕、ひじを走っている神経であり、この神経が圧迫される原因としては、周辺にある滑液包や筋肉の炎症、外傷、ガングリオン、脂肪腫、骨腫瘍、などが考えられる。
   撓骨管症候群はの症状は、前腕の上部や手の甲に切られたり、付き刺されたような痛みが生じる。
   また、手首を伸ばしたり手を広げようとして痛みが生じることもある。
   撓骨神経は、基本的に筋肉とつながった神経なので、感覚の障害といった症状は現れないのが普通である。

   撓骨管症候群の治療は、手首を回さないようにしたり、肘を曲げないようにして撓骨神経にかかる圧迫を取り除くことで症状の改善も早くなる。
   外科手術によって撓骨神経にかかる圧迫を取り除くこともあるが、手術を必要とするのは、手首の筋力が低下せてしまい、手首が下がった状態になってしまう下垂手の症状が生じた場合になる。
   また、この撓骨管症候群は、上腕骨下側上顆炎と呼ばれるバックハンドテニス肘と混同されることもよくある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド