肩手症候群の症状と治療 


   反射性交感神経性ジストロフィの一種である肩手症候群は、痛みと伴に運動制限が侵された側の方と手に生じてくる。
   肩手症候群は、転倒した時に手をつき手首の骨を折ってしまったけがや、心臓発作、バルビツール酸などの特定の薬品といったものが原因となり、発症するのではないかと考えられている。
   しかし、ほかの人よりも発症しやすい人がいることだけはわかっているが、はっきりとこれが発症の原因だというものは、わかっていない。
   肩手症候群は、症状が三段階に分かれている。
   まず、第1段階では、広範囲に渡る腫れが手に突然現れ、手の甲には、圧痛が生じ、手が青白くなる。

   手が青白くなるのは、手の血管が狭窄する為にこのような症状が現れる。
   特に肩と手は動かすことで、痛みを生じる。
   この第1段階のと際にX線画像をみてみると、骨密度の減少した部分がところどころにみられる。 第2段階では、第1段階に生じた手の腫れや圧痛といった症状が一度治まり、手の痛みも軽度になる。
   第3段階に入ると、腫れ・痛み・圧痛といった症状がなくなりる。
   しかし、指にこわばりが生じ、かぎ爪のような形で指が固まり、まるで、デュピュイトラン拘縮のような症状がおこり、手の動きに制限を生じる。
   第3段階の時点でのX線画像は、骨密度の減少が広範囲に渡り確認することができる。

   肩手症候群は、早期に発見し治療を行うことができれば、永久的な指の湾曲を、手の運動で予防することができる。
   肩手症候群の治療は、その原因となったけがや病気を治すことが必要である。
   痛みを抑え日常生活に支障がないようにする為には、局部麻酔を交換神経に繰り返し行う神経ブロックが必要となってくる。
   この治療には、週数間から数ヶ月という期間が必要となる。
   短期間の治療としては、高容量のステロイド薬を経口投与する治療が有効となるが、高容量のステロイド薬は短期間に限らないとその後に重大な副作用を及ぼす危険がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド