有鉤骨の骨折 


   有鉤骨の骨折は、手のひらの小指の下あたりに圧痛が生じ、治療は、手をギプスで4~6週間ほど固定することになるが、場合によっては、完全に治らないことがある。
   骨折が治らずに、小指の痛みや筋力低下、しびれといった症状がある場合には、骨が接着していない部分を手術により取り除く必要が出てくる。
   有鉤骨の骨折、ゴルフで芝をたたいたり、地面を棒などでたたいたりした場合に起きる。

   手の外傷は、きちんと治療を行わずにいると手に変形が生じ一生残る可能性もある。
   けがをした手を固定すれば、正常な状態に回復することができる。
   固定には、包帯やそえ木、ギプスなどを使用することになる。

   手の外傷の場合、骨の位置がずれたり、関節が不安定な状態になっている時には、手術の必要性もでてくる。
   また、手の外傷の場合、できるだけ早いうちから手の訓練を始めるようにすることで、手の機能を損なわずにすむことができる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド