感染症について 


   感染症の中には、人や動物に噛まれる事で起きるものや、ひょう痕、爪周囲炎、ヘルペス性ひょう痕、手の膿瘍、腱鞘の感染症といったものがある。
   かみ傷による感染症は、どのようなかみ傷であっても、重篤な感染症を引き起こす可能性をもっており、適切な治療を怠ると、時には、こぶしの関節が永久的に破壊されてしまうこともありうる。

   かみ傷による感染症の多くが、口の周辺を殴ることで、こぶしに傷がつくことによる。
   中には、動物に人が噛まれて起きる場合もあるが、人間であれ動物であれ、傷口は、多くの種類の細菌によって汚染されることになる。
   人間や動物のかみ傷の細菌は、多くの抗生物質に耐性をもっているが、アンビシリンやペニシリンには、感受性があるようである。
   かみ傷による感染症の治療は、傷口を外科的に切開し、洗浄を行い、関節の感染症予防のために、抗生物質を投与することになる。

   ひょう疽は、感染症の中でも指先の軟骨組織におこるものである。
   指先が感染症を起こすと膿瘍ができ、周辺の組織を圧迫し、懐死をおこしてしまう。
   ひょう疽はズキズキとした痛みと伴にひどい腫れを生じ、硬くなる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド