ひょう疽について 


   ひょう疽は、患部の診察所見で診断することができるが、すぐに治療を行わないと、骨や関節、腱までも感染する可能性がある。
   ひょう疽の治療は、軽症の場合であれば、血流をよくするため、一日に数回患部を温水に浸す治療と抗生物質による治療となるが、膿瘍の場合には、膿を外科的に出す治療が必要となってくる。
   ヘルペス性ひょう疽は、指先に起こるウイルス感染症であり、ウイルスは、単純ヘルペスウイルスである。
   ヘルペス性ひょう疽は、強い痛みを伴い、指先にびらんができ腫れる。ひょう疽ほど硬くはならないが、指に液体が詰まった水疱ができる。
   ひょう疽と間違われることもあるが、ヘルペス性ひょう疽の場合には、自然に消失するため、手術などを行う必要がない。

   爪周囲炎は、感染症の中でもよく見られ、手に発症する感染症の1つである。
   爪周囲炎は、シュードモナス属やプロテウス属など様々な原因菌があり、表皮と爪の境界部分の組織に赤い腫れと激しい痛みを生じる。
   治療をせずにいると膿瘍ができ、指先や骨にも広がっていく。
   爪周囲炎の治療は、早期の状態であれば、温水に患部を浸して血行を良くする方法や、抗生物質の服用といった治療になるが、膿瘍ができた状態では、外科的処置により膿を出す必要がでてくる。

   手の膿瘍は、通常、細菌感染により起こる、手に膿がたまるものである。
   この手の膿瘍は怪我が原因で起こる事が多く、指先の軟組織の膿瘍は、小さな切り傷や刺し傷で起こるので、かなり多く見られる感染症である。
   手の膿瘍は、膿瘍の上部に激しい痛みと熱感、発赤といった症状が現れ、近隣のリンパ節の腫れを生じることもある。
   膿瘍の下にある骨が感染を起こすと痛みはさらに激しくなる。
   手の膿瘍の治療は、膿を外科的に出し、抗生物質を使用することになる。
   抗生物質は、膿を培養して原因菌を突き止め、その原因菌にあった抗生物質を使用することになる。

   腱鞘の感染症は、腱鞘の長さに沿った圧痛と手の指を伸ばした際の痛みといった特徴をもっている。
   場合によっては、膿が手の中で広がってしまい、馬蹄型の膿瘍ができることがある。
   治療は、膿瘍を外科的に排除する必要があり、抗生物質の使用も必要となる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド