健康な身体を作る為に必要不可欠なもの


   健康な生活をおくる上で、適切でさまざまな栄養を摂取する必要がある。
   この場合栄養とは、体に栄養を与える食物に入っている化学物質のことをいう。
   人は適切な栄養を摂ることにより、体脂肪と筋肉の比率(体重と体の組成など)を維持し、体を動かしたり頭を働かせたりなどの日常生活を送ることがでるのである。
   人は適切な量の栄養素を摂取しないと、栄養の欠乏による障害(栄養失調など)を引き起こす。 十分な栄養素を摂っているかどうか調べるために、医師は食生活や食事の内容について尋ね、身体検査を行って体の組成や機能を評価する。

   身体検査は主に、体脂肪の割合などの体の組成を、水中で体重を測定する静水計量で正確に判定でき、皮下脂肪の厚みの測定や体内の電気抵抗の分析を行うことで、近似値を得ることができる。
   血液や組織の中の栄養素濃度を測る検査もあり、例をあげると、血液中の主なタンパク質であるアルブミンの濃度を測定する。
   栄養摂取が不十分だと、栄養素の濃度が減少するのである。
   毎日食べる食物の中には10万種類もの物質が含まれているが、栄養素として分類されているのはそのうちの300種類ほどだけで、さらに必須栄養素として分類されているのはわずか45種類に過ぎない。
   食物には栄養素のほかにも、セルロース、ペクチン、樹脂などの食物繊維をはじめとする多くの有用な物質が含まれていて、また、食物の生産、加工、貯蔵、包装に使用する添加物(保存料、乳化剤、酸化防止剤、安定剤など)も含まれている。

   更に、香辛料、香料、着色料、フィトケミカル(動物の体内で抗酸化作用などの生理作用を発揮する植物性化学物質)、その他多くの天然物質が、食物の外見、味、安定性を向上させる。 一般に、栄養素は主要栄養素と微量栄養素の2つに分類でき、タンパク質、脂肪、炭水化物、一部のミネラル、水などの主要栄養素は、毎日多くの量を摂取する必要があり、水は消費エネルギー1kcal毎に1ml、1日にするとおよそ2.5Lが必要だ。
   微量栄養素の必要量はわずかで、1日に数マイクログラムから数mgである。
   微量栄養素にはビタミンや微量ミネラルがあり、体が主要栄養素を使うのに必要となるものだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド