ミネラルについて 


   ミネラル(無機質)は、生体に関連する有機成分に対して、それ以外を無機質(ミネラル)と呼んでいる。
   ミネラルの中には、かなり多量に必要とされ(1日に約1~2グラム)、主要栄養素とみなされるものがある。
   食品を燃焼した残留物を灰分とも呼んでいるが、これは無機質のことである。
   生体内に最も多く存在する無機質は、カルシウムで次いでリン(体内で主にリン酸塩として存在する)、カリウム、硫黄、ナトリウム、塩素、マグネシウムの順である。
   少量が必要なミネラルは微量栄養素とみなされ、微量ミネラルと呼ばれている。
   銅、フッ化物、ヨード、鉄、セレン、亜鉛などがそれに該当している。

   フッ化物を除いて、これらのミネラルはすべて、代謝に必要な酵素を活性化する。
   フッ化物はカルシウムと安定した化合物を形成し、骨や歯のミネラルの安定化を助け、むし歯予防に役立っている。
   体液中にイオンして存在し、pH 及び浸透圧を調節し、さらに筋肉や神経に刺激を与える(筋肉の収縮にはカルシウムイオンが必須であり、筋細胞の興奮などに作用する。
   生きものは酵素の働きなしに一瞬たりとも生きられないが、酵素がいくらあっても、ビタミンやミネラルと一緒にならないと代謝が進まなく、栄養素の調達はできず、体内でそれらを利用するために加工したり、貯蔵することもできない。

   ミネラルがないと筋肉は動かない。脳も正常に働かない。解毒作用も働かず、老廃物や異物がたまる一方。ホルモンはつくれないし、神経伝達物質もつくれない。
   ものを見たり、考えたりもできなくなってしまう。
   ヒ素、クロム、コバルト、ニッケル、シリコン、バナジウムなどの微量ミネラルは、一部の動物の栄養分としては必須だが、人間の栄養分として必要不可欠なものではない。
   微量ミネラルはいずれも高濃度では有毒になり、その一部(ヒ素、ニッケル、クロム)は発癌物質とされている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド