癌予防にもなる食物繊維 


   食物繊維とは、人の消化酵素によって消化されない、食物に含まれている強靭で、複合炭水化物(難消化性成分)の総称である。
   その多くは植物性、藻類性、菌類性食物の細胞壁を構成する成分で、化学的には多糖類であることが多い。
   従来は、消化されず役に立たないものとされてきたが、後に有用性がわかってきたため、日本人の食事摂取基準では栄養素の1つとされている。
   人の消化管は自力ではデンプンやグリコーゲン以外の多くの多糖類を消化できないが、大腸内の腸内細菌が嫌気発酵することによって、一部が酪酸やプロピオン酸のような短鎖脂肪酸に変換されてエネルギー源として吸収される。

   熟した果物などに含まれている水溶性食物繊維は、食後の血糖値の急激な上昇を防いだり、コレステロールの吸収を抑制したりする。
   消化されない部分は便として排出され、便になる食物繊維は、腸が便を動かすのを助けて便秘を防ぎ、腸の圧力を減らして憩室の疾患を予防する。
   また、食物繊維を食べることは、大腸で細菌が産生する発癌物質の除去に役立ち、食事の後に生じる血液中の糖類とコレステロールの値の上昇を制御する役割も果たす。
   野菜や穀類、豆類等に含まれている不溶性食物繊維は、大腸の働きを促す。
   また、癌の予防効果を期待する意見もある。

   食物繊維を摂取することにより、肥満防止、コレステロール上昇抑止、血糖値上昇抑止、大腸癌の発生抑止、ダイオキシン類などの排出などの効果が現在判明している。
   食物繊維を多く含む食物にはモロヘイヤ、玄米、オートミール、サツマイモ、きな粉、糸引きの納豆、ゴマ、ゴボウなどがある。一般に、1日約30グラムの食物繊維を摂ることが推奨されており、米国では、1日に摂取される食物繊維は平均して約25グラムである。
   平均的な1食分の量の果物、野菜、シリアルには、それぞれ2~4グラムの食物繊維が含まれている。
   最近は糖尿病などの生活習慣病の予防に食物繊維のもつ効果が注目されている。
   こうした生活習慣病の予防のため、日常の食生活に積極的に食物繊維を取り入れる人が増えている。
   また、ダイエットにおいても食物繊維はとても大切な役割を持っており、食物繊維を効果的にとることは、無理なくダイエットすること、健康的なダイエット法にも欠かせない要素となっている。

   サプリメントのみに頼る危険性や食物繊維を多く含む食品の選択、その効果的なとり方などについてまだまだ多くの誤解もあるようだが、食物繊維は健康に欠かせないものとなっているうえ、その効果を十分に活かしているとはまだまだいえないようである。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド