食事とダイエットのあり方 


   食品表示を読むことで、飲食物の成分やカロリー(エネルギー)に意識が向くようになる。
   また、カロリー計算を習慣づければ、カロリー摂取を調節するのに役立ち、人工甘味料や脂肪の代替品を使った食品を食べることで、カロリーの摂取量を減らすことができるのだ。
   少ない量の食事を数回に分けて食べるのは減量に有効だが、それにはいくつかの理由がある。 普通、食後はインスリン値が上昇しするが、多くのカロリーを摂取すると、それだけ多くのインスリンが分泌され、特に炭水化物が多い食事では顕著である。

   高いインスリン値は体脂肪の蓄積を促進し、食欲を増進するが、少量の食事を数回に分けて食べれば、インスリン値が高くなることはなく、体脂肪の蓄積を防止でき、食欲を抑える効果もがある。
   炭水化物のように早くエネルギーになる食物は、体が多量のエネルギーを必要としているとき、朝か運動中に食べるのが最善だ。体が必要とするエネルギーは夜間に最も低くなるので、夕食に炭水化物を食べるのを控えることも減量に役立つ。

   ダイエットの方法は幾つかあり、例をあげると、高タンパク質低炭水化物ダイエット、低脂肪ダイエット、高繊維質ダイエット、飲料ダイエット、化学的に根拠が無いダイエット方法としては、グレープフルーツダイエット、ビバリーヒルズダイエット、その他にも沢山ダイエットの種類はあるが、化学的根拠がなかったり、上記に書いた化学的根拠のあるダイエット方法でも、一長一短というところである。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド