栄養失調とはどういったものか 


   血小板の数が減少した状態を、血小板減少症と言う。
   1マイクロリットル(1μL=1リットルの百万分の1)の血液には、通常15万~35万個の血小板が含まれているが、血小板数が2万~3万以下に減少した場合、比較的小さな傷でも出血しやすくなり、血小板数が1万以下になると、非常に危険な状態となり、傷がなくても出血するようになる。 様々な病気がの原因となる。
   白血病、リンパ腫、再生不良性貧血、大量の飲酒、ビタミンB12欠乏性貧血と葉酸欠乏性貧血を含む巨赤芽球性貧血、一部の骨髄疾患などは、骨髄による、血小板の生成量の不足が原因である。 また、エイズの発症に繋がるヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染も、血小板減少症を引き起こす。

   骨髄線維症、ゴーシェ病、うっ血性脾腫を伴う肝硬変などで、脾臓が腫大すると、血小板が脾臓に捕らえられ、血液中の血小板数が減少する。

   大量の血液交換、あるいは血小板が非常に少ない保存血による交換輸血、心肺バイパス手術などによる大量の輸血により、血小板の濃度低下が起こり、血小板減少症を引き起こす。
   血小板の過剰な消費、または破壊の増加を起こす病気や薬が、血小板減少症の原因となる場合も多い。

   血小板減少症の原因となる薬剤は、ヘパリン、キニジン、キニン、サルファ薬、一部の経口糖尿病薬、金塩、リファンピシンなどである。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド