少量ながらも必要なもの 


   生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素であり、微量ではあるが生理作用を円滑に行うために必須な有機化合物の総称である。 ほとんどの場合、生体内で合成することができないため、主に食料(植物や微生物、肝臓や肉など)から摂取される。
   ビタミンが不足すると、疾病が起こったり成長に障害が出たりする(ビタミン欠乏症)。 ビタミンの所要量が定められており、欠乏症をおこさない必要量と、尿中排泄量の飽和値によって見積もられている。

   成人の場合、1日あたりの必要摂取量はmgからμgの単位で計る。特定のビタミンの過少または過剰な摂取は、栄養障害の原因になり、日常的にさまざまな食物を食べている人は、ビタミン不足にはならない。
   だが、食事制限をしている場合などは、特定のビタミンを十分に摂っていないこともある。 例えば、動物性食品は一切食べない完璧な菜食主義者の場合は、動物性の食品にのみ含まれているビタミンB12が不足する。
   一方で、医師の指導なしで大量のビタミンサプリメントを服用すると、有害な影響が出ることもあるのである。

   ビタミンは、体が必要とする量が少量であることから、必須微量栄養素と呼ばれている。
   ビタミンA、D、E、Kは脂溶性でビタミンB群とビタミンCは水溶性である。
   ビタミンB群には、ビタミンB1(チアミン)、B2(リボフラビン)、ナイアシン、パントテン酸、B6(ピリドキシン)、ビオチン、B12(コバラミン)、葉酸(葉酸塩)などが含まれている。
   腸で脂肪が吸収されにくくなる病気になると、脂溶性ビタミンであるA、D、E、Kの吸収が減り、欠乏症を起こす可能性が高まる。こうした病気には、クローン病、嚢胞性線維症、胆管閉塞、吸収不良障害がある。
   体は大半のビタミンを蓄えておくことができず、そのため、定期的に摂取する必要がある。

   ビタミンA、D、B12の場合は、主に肝臓にかなりの量が蓄えられている。
   ビタミンの多くは、生体内において、酵素がその活性を発揮するために必要な補酵素として機能する。
   したがってビタミン欠乏症に陥ると、ビタミン類を補酵素として利用する酵素が関与する代謝系の機能不全症状が現れてくる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド