ビタミンAの効能と副作用 


   明るさや暗さを感じる網膜に多くあるのがレチノール(ビタミンA)を含んだ光受容体で、不足すると目のトラブルが生じるが、ビタミンAの効能として、疲れ目や視力の低下を防ぐ、という効果がある。
   その他には、ビタミンAが皮膚粘膜形成を助けて角化を抑えるため、肌荒れを防いだり、粘膜の形成や働きにビタミンAが大きく関わっている為に、ウイルスが体内へ侵入するのを食止めて風邪などを防いだり、ビタミンAが上皮細胞の免疫力を高めることで癌予防(特に胃癌)につながるが、ビタミンAそのものに発癌抑制作用があることも判明している。

   また、ビタミンA・C・Eは代表的な抗酸化ビタミンで、心筋梗塞、脳卒中、癌、などの病気を誘発するとされる活性酸素を除去する働きもある。ビタミンA欠乏症は、動物や魚の肝臓、緑黄色野菜、卵、全乳製品の摂取量が十分でない地域でよくみられる。
   腸で脂肪が吸収されにくくなる病気になると、ビタミンAの吸収が減少し、脂溶性であるビタミンA欠乏症になるリスクが高まる。
   腸や膵臓の手術も同様の影響を及ぼす。
   肝臓に障害があると、ビタミンAが蓄えられなくなる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド