ビタミンD の重要性 


   ビタミンD は、ビタミンの一種であり、脂溶性ビタミンに分類される。
   ビタミンDはさらにビタミンD2、ビタミンD3に分けられる。
   ビタミンD2は植物に、ビタミンD3は動物に多く含まれ、人ではビタミンD3が重要な働きを果たしている。
   ビタミンDは丈夫で健康な骨を作る働きをする。
   丈夫な骨は常に骨代謝によって新しく造られ続けなければならないので、ビタミンDは破骨細胞を活性化して骨を壊し、骨芽細胞を活性化して骨を作る。
   またビタミンDは、リモデリングに必要なカルシウムを血中に動員するために腎臓でのカルシウムの再吸収を促進し、腎臓からの排泄を抑制し、骨代謝を吸収側(破骨側)に傾ける副甲状腺ホルモンを抑制する。

   また、ビタミンDは免疫反応などへの関与も示唆されている。
   作用機構および機能の多様性から、ビタミンAとともにホルモンに分類されることがある。
   ビタミンとは人体で合成できない微量栄養素という意味である。消化管からのビタミンDの吸収が低下すると容易にビタミンD欠乏症になる為、外因性のビタミンDは不可欠だ。
   血液中のカルシウムやリンの濃度が低下すると、これらのミネラルの吸収にビタミンDが必要である。
   体はビタミンD不足を補おうとするため、血液中のカルシウム濃度を増やす副甲状腺ホルモンの濃度が上昇することがある。

   ビタミンD欠乏症になると、健康的な骨を維持するのに必要なカルシウムとリンが十分でなくなるため、子供の場合はくる病、大人の場合は骨軟化症という骨の病気になる。
   食物から摂取するビタミンDの不足や、太陽の光を十分に浴びないことが原因で起こり、妊婦や新生児の場合も同様である。
   その場合サプリメントで補う必要がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド