フリーラジカルから細胞を守ろう 


   ビタミンE欠乏症症状には、反射の低下、歩行困難、協調運動の喪失、位置感覚(どこに手足があるか見なくてもわかること)の喪失、筋力の低下がある。
   ビタミンEはわずかな量しか胎盤を通過しないため、新生児が体内に蓄えているビタミンEの量は比較的少量である。
   そのため、新生児ではビタミンE欠乏症のリスクが高くなる。
   ビタミンE不足の未熟児は、重大な疾患になるリスクがあり、赤血球が破裂する溶血性貧血や黄色脂肪症、深部感覚異常及び小脳失調の原因となることが知られているが、通常の食生活で欠乏する事はない。
   また、その他にも、脳内出血や眼の血管が異常成長する未熟児網膜症のリスクもある。

   ビタミンE欠乏症を調べる血液検査は、定期健診では実施されていない。
   治療では、ビタミンEサプリメントを経口で摂取することだ。
   ビタミンE過剰症は、ビタミンEを大量に摂取すると、出血の危険性(成人の出血性脳卒中を含む)が高まり、特に抗凝固薬(特にワルファリン)を服用している人で顕著である。
   未熟児の場合は、網膜症のリスクを減らすために大量のビタミンEが投与される。
   大量にビタミンEを服用した成人は、筋力低下、疲労、吐き気、下痢を起こすことがある。
   診断・治療法は、患者の食生活や症状に基づいて診断する。
   治療として、ビタミンEサプリメントを中止し、必要に応じて、出血を止めるためにビタミンKを投与することもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド