ビタミンKについて 


   ビタミンKにはK1~K7の7種類があり、そのなかで自然界に存在するのはK1とK2の2種類である。
   K1(フィロキノン)はおもに植物の葉緑体で作られるため、ほうれん草などの緑色の濃い野菜や海草などに多く含まれる。
   また同じ野菜でも、日に良く当たる外側の葉のほうが、内側よりもビタミンKが多く含まれている。
   K2(メナキノン)はおもに微生物によって作られるため、発酵食品である納豆などに多く含まれる。
   またビタミンK2は腸内細菌によっても合成されるが、腸内で合成される量は生体内での必要量の大部分を満たすと考えられているが、正確な量までははっきりとはしていない。

   ビタミンKは、1929年にデンマークのダムによって、血液を正常に凝固させるための必須物質として発見された。
   ビタミンKの名前の由来は、オランダ語の「凝固(koagulation)」の頭文字からきている。
   出血時に血が自然に止まるのは、体内に血液を凝固させる物質があるためで、その血液を凝固させる物質のひとつであるタンパク質を活性化させる補酵素として働くのが、ビタミンKなのである。ビタミンK欠乏症とは、脂肪の吸収を妨げる病気になると、ビタミンKの吸収も減らしてしまうので、ビタミンK欠乏症の原因になる。
   ミネラル分の豊富な油の大量摂取も、ビタミンKの吸収を減らしてしまう。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド