ビタミンB1について 


   ビタミンB1はビタミンCやビタミンM(葉酸)などと同じ水溶性のビタミンで、化学名をチアミンという。
   ビタミンB1の主な働きは糖の代謝を促すことでエネルギーを生産し、神経や筋肉へエネルギーを運ぶことである。
   そのためビタミンB1が不足すると主に糖が必要な脳や神経は脚気や記憶力の低下、そして疲労などの症状が現われる。

   ビタミンB1は穀類や豚肉、豆類などに多く含まれていて、またビタミンB1は熱にも弱く、加熱調理することで約1/3~1/2のビタミンが破壊されてしまうため、生で食べれるものは生で食べた方がビタミンB1は摂取しやすいのである。ビタミンB1は糖の代謝を促すので、糖分を摂りすぎるとビタミンB1が沢山消費されるため不足しがちになってしまう。
   ビタミンB1欠乏症の症状の初期症状は、特異的なものではなく、疲労、過敏、記憶障害、食欲減退、睡眠障害、腹部不快感、体重減少などが起こる。
   やがて、重度のビタミンB1不足による脚気(かっけ)になり、神経、心臓、脳の異常が起き、脚気の症状は人によって異なる。
   1つは乾性脚気と呼ばれるもので、神経と筋肉の異常を引き起こす。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド