ビタミンB2(化学名リボフラビン) 


   ビタミンB2(化学名リボフラビン)は、成長を促進するビタミンである。
   水溶性のため、体に備蓄する事ができず、毎日摂取することが大切だ。
   エネルギーをつくるための炭水化物の代謝とアミノ酸の代謝に必要であり、口の内側の粘膜などを健康に保つ役割も果たしている。
   ビタミンB2欠乏症が単独で生じるのはまれであり、通常は、タンパク質とカロリーが不足している場合に、他のビタミンB群欠乏症と併発して生じる。
   脂質をおおく摂取する人はビタミンB2を積極的に摂取すべきである。

   生体内においては脂肪、炭水化物および蛋白質の代謝や呼吸、赤血球の形成、抗体の生産、正常な発育に必要とされる。
   乳、卵白、レバー、ホウレンソウに多く含有される。
   その他のビタミンB2を多く含む食品として、乾燥酵母、鶏卵、レバー、獣鳥鯨肉、脱脂粉乳、干しシイタケ、アーモンド、どじょう、小麦胚芽、糸引き納豆、いわし丸干し、緑黄色野菜などがある。
   1日に摂取量の目安は、成人男性 1.6mg、成人女性 1.2mgである。熱に安定ではあるが、光やアルカリにより分解される。
   水に対し少し溶ける。
   アルカリ条件下での加熱に弱いので重曹処理の際は注意を要する。
   また、光存在下でも不安定なため、保存の際には冷暗所を選ぶなどの注意が必要だ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド