欠乏すると起こるさまざまな病状 


   ビタミンB6が不足すると中枢神経が異常に興奮して痙攣をおこす。
   診断は、食生活、症状、ビタミンB6サプリメントへの反応に基づいて行う。。
   診断を確定する簡便な血液検査は無い。。
   ビタミンB6欠乏症の人や、体内に蓄えられているビタミンB6を消費する薬を服用している人は、ビタミンB6サプリメントを摂取する必要がある。。
   ビタミンB6過剰症は、手根管症候群、月経前症候群(排卵期に放出されるエストロゲンと言う女性ホルモンがアミノ酸代謝を促進させるため、ビタミンB6が大量に消費されることが原因とされている。

   実際イライラや吐き気、頭痛やだるさなどを伴う月経前症候群患者にビタミンB6を投与すると、症状が軽減したという事例も報告されている)、神経障害(ニューロパシー)といった疾患には、非常に大量のビタミンB6が処方されるが、有益性があることを示す報告はほとんど無い。 大量の服用は、下肢に痛みや麻痺を引き起す。。
   診断は、症状や大量のビタミンB6を服用した経緯があるかどうかに基づいて行い、治療としては、ビタミンB6サプリメントを中止する。。
   回復には時間がかかり、ある程度の歩行困難が長く続くことがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド