ビタミンB12について 


  ビタミンB12は葉酸と協力して、赤血球の生成にかかわっている。ビタミンB12は赤血球の中の核酸(DNA)の合成に必要な葉酸の働きを助ける補酵素の役割を担い、どちらが不足しても赤血球の減少、異常に大きな赤血球の生成などを招いて、悪性貧血(巨赤芽球性貧血)を引き起す。

   悪性貧血の症状は、頭痛、めまい、吐き気、動悸、息切れ、舌の痛み、味覚の低下、食欲不振、消化不良、下痢などだ。
   ビタミンB12欠乏症は吸収が不十分な場合に起こり、胃で生成されるタンパク質である内因性因子が欠乏していることが原因。
   普通、ビタミンB12は、小腸から大腸へとつながる回腸と呼ばれる部分で吸収されるが、内因性因子と結合しないとビタミンB12は吸収されなく、内因性因子がないと、ビタミンB12は腸に残り、便と一緒に排出されてしまう。

   高齢者の場合は、胃の酸性度が低く、肉のタンパク質に含まれるビタミンB12を取り出す機能が低下することが原因でビタミンB12欠乏症になることがある。また、小腸で細菌が異常繁殖すると、ビタミンB12の吸収が低下。腸での栄養素の吸収を損なう疾患も、ビタミンB12の吸収を低下させる。
   サナダムシに感染しても、腸でのビタミンB12の吸収が低下する。肝臓に障害があると、ビタミンB12を蓄えられなくなる。
   内因性因子をつくる胃や、ビタミンB12を吸収する小腸の部分を切除する手術は、欠乏症の原因になる。
   ビタミンB12は動物性の食品からしか摂取できないため、菜食主義もビタミンB12欠乏症の原因になる。

   ゆえに、菜食主義者の母親に母乳で育てられている乳児は、ビタミンB12欠乏症になるリスクが高くなる。
   ビタミンB12欠乏症による貧血は徐々に発症するため、体はある程度その状態に適応する。
   その結果、貧血の実際の程度は、症状が示すより進んでしまっている場合もあるのだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド