妊娠中の女性は葉酸を摂取するべき


   フェニトインやフェノバルビタールなどの抗けいれん薬や、スルファサラジンなどの潰瘍性大腸炎の治療に使う薬は、葉酸の吸収を低下させる。
   癌や関節リウマチの治療に使うメトトレキサートや抗生物質のトリメトプリム‐スルファメトキサゾール(ST合剤)は、葉酸の代謝を妨げる。
   葉酸欠乏症の人は、ビタミンB12欠乏症が原因の場合と似た貧血になり、疲労感が初期症状である。
   肌が青白い、過敏、息切れ、めまいなど貧血の一般的な症状に加えて、赤くただれた舌、味覚低下、体重減少、下痢などが起こる。
   また、葉酸の欠乏症は心臓病や大腸癌、子宮頸癌のリスクがあるとの報告がある。
   妊婦が葉酸欠乏症になると、胎児に先天性の脊椎奇形(神経管の異常)が生じることがある。
   貧血や栄養不良の人に、血液検査で巨大な赤血球が検出された場合には、採取した血液の葉酸値を測定する。
   低い値であれば、葉酸欠乏症だ。
   治療としては、葉酸サプリメントを毎日摂取する。

   葉酸の代謝や吸収を阻害する薬を服用している場合は、予防として葉酸サプリメントを摂取すべきである。
   妊婦または妊娠を計画している女性の場合は、葉酸サプリメントを多めに摂取して、胎児に先天異常が生じる危険性を減らす必要がある。
   葉酸は一般に有毒ではなく、ビタミンB12欠乏症の場合には、大量に摂取すると神経障害が悪化することがある。
   しかし、過剰症はビタミンB12の欠乏を隠すため、悪性貧血が潜在化する危険性が指摘されている。
   また、癌治療に用いられる抗葉酸剤に対して、過剰な葉酸は薬効を低減させるとの報告もある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド