壊血病予防を目指す 


   母乳には十分な量のビタミンCが含まれており、調整乳もビタミンが強化されているため、乳児の壊血病はまれだが、乳児の場合には、過敏、体を動かすと痛がる、食欲減退などの症状がおこり、正常な場合とは異なって、順調に体重が増えない。
   骨の成長が阻害されて、出血と貧血が起こる。
   壊血病は症状に基づいて診断され、血液検査により、ビタミンC値が非常に低いことがわかる。 壊血病はビタミンCサプリメントを毎日摂取することで治療し、こうした治療と鉄サプリメントにより、貧血は治癒可能である。
   ビタミンC過剰症は、フリーラジカルによる損傷から体の細胞を保護する抗酸化作用があるため、大量に摂取する人がいる。
   正常な細胞活動の副産物であるフリーラジカルは、アテローム動脈硬化症、癌、肺疾患、感冒、白内障、記憶喪失といったさまざまな疾患に関与していると考えられていて、ビタミンCを多量に摂取することによって、これらの病気が予防できるかどうかは不明だが、白内障に対する予防効果に関しては強力な証拠がある。

   いずれにしても、安全な上限を超えない範囲でのビタミンC摂取は、害にはならないが、吐き気や下痢を引き起こしたり、血液検査結果を解釈する際の妨げになったりする場合がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド