カルシウムについて 


   体内のカルシウムは、99%は骨と歯に、残りの1%が血液などの体液や筋肉などの組織にあり、この1%のカルシウムが出血を止めたり、神経の働きや筋肉運動など、生命の維持や活動に重要な役割をしている。
   血液中のカルシウム濃度は、主に副甲状腺ホルモンとカルシトニンという2つのホルモンによって調整されている。カルシウムは、小腸から吸収されて血中に入り、すぐ使う分だけ残して残りは骨に蓄えられる。
   一方、血中には常に同じだけのカルシウムが必要なため、血中のカルシウムが不足する時、骨は自らを壊してこれを補う。

   牛乳コップ1杯(200 ml)には、約230 mgのカルシウムが含まれていて、これは栄養素等表示基準値のおよそ1/3にあたる。
   また、長い間のカルシウム不足などから骨の破壊が形成を上回ると、高齢になって骨がもろく折れやすくなる骨粗しょう症になるおそれがある。
   骨粗しょう症予防には若いうちから丈夫な骨をつくっておくことが大切である。
   毎日の食事にカルシウムを多く含む食品をうまく組み入れて積極的にとるように心がける必要がある。

   高カルシウム血症は、初期症状としては、便秘、吐き気、嘔吐、腹痛、食欲減退、異常に多量の尿などがある。
   極めて重度の高カルシウム血症は、時に錯乱、情動障害、意識の混濁、幻覚、昏睡を伴う脳の機能障害を引き起こす。
   筋力が低下し、不整脈から死に至ることもある。
   高カルシウム血症は、4つの副甲状腺のいずれか1つまたは複数が副甲状腺ホルモンを過剰分泌する副甲状腺機能亢進症により起こる。
   消化性潰瘍の人が多量の牛乳を飲み、カルシウムを含有している制酸薬を服用したことで高カルシウム血症になることもある。
   このような原因の疾患は、ミルクアルカリ症候群と呼ばれている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド