マグネシウムについて 


   マグネシウムは骨や歯の形成に必要な栄養素であり、大人の体には20~28gほど含まれ、カルシウムやリンとともに骨をつくっているミネラルである。
   血液にも微量が存在している。
   マグネシウムは骨や歯の形成および、正常な神経や筋肉の機能に必要で、体内のさまざまな酵素も、マグネシウムがないと正常に機能しない。
   体は食物からマグネシウムを摂取し、尿や便で排出する。

   カルシウムではそのほとんどが骨にあり骨が貯蔵庫の役割をしていることは知られているが、マグネシウムも50~60%が骨に含まれていて、不足すると骨から遊離して、神経の興奮を抑えたり、エネルギーをつくる助けや、血圧の維持などの重要な働きに利用される。
   私たち日本人は歴史的にマグネシウムの多く含まれている未精白の穀物や植物性食品を摂取してきた民族といわれ、現在も穀物から最も高い割合でマグネシウムを摂取している。
   主にアーモンドをはじめとする種実類、魚介類、海草類、野菜類、豆類などに多く含まれている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド