リンについて 


  リンは体内のミネラルの中でカルシウムの次に多い栄養素であり、大人の体にはおよそ700gのリンが含まれているといわれている。 体内では、ほとんどリン酸塩の形で存在している。
   リン酸塩の大半は骨に含まれていて、85%がカルシウムやマグネシウムとともに骨や歯をつくる成分になっている。

   残りの15%は筋肉、脳、神経などの様々な組織に含まれ、エネルギーをつくり出す時に必須の役割をしている。
   残りは主に細胞の中にあり、エネルギー代謝にかかわっている。リン酸塩は骨や歯の形成に必要だ。
   また、細胞がエネルギーをつくるのに使う物質やDNAなど、重要な物質をつくる成分としても使われている。
   リン酸塩は食事で摂取し、尿や便で排出される。
   リンは広く動植物食品に含まれている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド