カリウムについて 


   カリウムは体内ではほとんどが細胞内液に存在していて、近年、カリウムの摂取量を増やすことによって、血圧の低下、脳卒中の予防、骨密度の増加につながることがわかってきたばかりである。
   カリウムは、ナトリウムとバランスをとりながら、細胞を正常に保ったり、血圧を調整したりして、常に一定したよい体内の状態を維持する働きをする。
   低カリウム血症では、血液中のカリウム濃度が非常に低くなり、嘔吐、下痢、慢性的な下剤の使用、または結腸ポリープが原因である。

   カリウムが尿に出てしまう理由の一般的なのは、腎臓に働きかけてナトリウム、水、カリウムを排出させる利尿薬の使用である。リドル症候群、バーター症候群、ファンコニ症候群の患者には、カリウムを保持する腎臓の能力が阻害されるというまれな障害がある。
   インスリン、喘息の治療薬の特定の薬剤は、細胞内へカリウムが入る動きを促進し、その結果、低カリウム血症を引き起こすこともある。
   カリウム濃度が軽く低下している程度では症状は生じず、激しく低下すると、筋力低下やけいれんを起こし、場合によっては麻痺が生じる。
   心疾患がある場合には、不整脈を起こす。

   心臓の薬のジゴキシンを服用している場合は、軽度の低カリウム血症でも危険だ。
   診断は、血液中のカリウム濃度が低いことに基づいて行う。
   カリウムが豊富に含まれている食品を食べるか、サプリメントを服用することで補う。
   サプリメントは1回に多量に摂取するよりも、1日数回に分けて、食べものと一緒に少量ずつ摂取するようにする。
   利尿薬を服用している人の大半は、カリウムのサプリメントを摂取する必要はない。
   しかし、定期的に血中のカリウム濃度を測定し、必要に応じて薬の使い方を調整する必要がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド