動脈硬化や血栓症防止 


   ビタミンEは過酸化脂質が生成するのを防止する作用があるので、過酸化脂質を減少させるということで結果的にはセレンと同じような役割をもっている。
   セレン欠乏症になると、心臓や筋肉で抗酸化物質が不足し、その結果、心筋症や筋力低下が生じる。
   セレン欠乏症はまれで、摂取量が米国やカナダよりはるかに少ないニュージーランドやフィンランドでも、ほとんどみられない。セレンの摂取量がさらに少ない中国では、主に小児や若い女性がかかるウイルス性疾患である克山病に関連して、セレン欠乏症が起こる。 克山病は心臓に損傷を与え、心筋症を引き起こす病気である。
   医師は、患者の食生活や症状に基づいてセレン欠乏症を疑い、セレンのサプリメントによる治療で完全に回復する。
   セレン過剰症は、医師の処方を受けずにセレンのサプリメントを1日に1ミリグラム以上服用すると、有害な影響が出てしまうことをいう。

   症状には、吐き気、嘔吐、髪の毛や爪が抜ける、吹き出もの、神経障害などがある。 診断は、急激な抜け毛などの症状に基づいて行い、セレンの摂取量を減らすことで治療する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド