ナトリウムについて 


   ナトリウムは体内の細胞が正常な体液バランスを維持するのに必要で、体内のナトリウムの大半が、血液の中と、細胞周囲の体液の中にある。
   ナトリウムはまた、正常な神経と筋肉機能に重要な役割を果たしており、ナトリウムは食べものや飲みものから摂取され、主に汗や尿と一緒に体の外へ排出される。
   ナトリウムの摂取量と排出量のバランスが崩れると、体内の総ナトリウム量が影響を受け、体からナトリウムが失われても血液量は減る。
   血液量が減ると、血圧が下がって心拍数が増え、ふらつきや、ときにショックを起こす。

   体内のナトリウム量が多すぎると、ナトリウムが体内に過剰に蓄積し、余分な体液が細胞周囲にたまり、足や足首の組織がむくみを起こす。
   血液量が多くなりすぎると、心臓、血管、腎臓にある感覚器官がそれを察知し、腎臓を刺激してナトリウムの排出量を増やし、それによって血液量を正常に戻す。
   血液中のナトリウム濃度は簡単に測定でき、別の原因もある。
   低ナトリウム血症は、血液中のナトリウム濃度が非常に低くなる。
   低ナトリウム血症は、体内でナトリウム濃度が薄くなりすぎたために生じ、余分な水を排出する腎臓の能力を超えた量の水分が摂取される。

   腎不全患者など腎臓が正常に機能していない場合には、低ナトリウム血症になることがある。 心疾患や肝硬変の人にもよく起こる。
   慢性の下痢などで体液が慢性的に失われている場合にもなる。
   血液中のナトリウム濃度が急に下がると、症状が突然生じ、重症化する傾向がある。
   脳は血液中のナトリウム濃度の変化に特に敏感で、嗜眠や錯乱といった症状が最初に生じる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド