職業性肺疾患の概要 


   職業性肺疾患とは、仕事の作業中に有害な粒子や霧、蒸気、ガスなどを吸い込むことで発症する肺疾患である。吸い込んだ粒子が肺疾患を発症することを塵肺症という。どのような肺疾患を発症するかは、吸い込んだ物質が気道と肺のどちらにとどまるか、また大きさや種類により異なる。

   大きな粒子は太い気道内部鼻腔にとどまることがあるが、非常に小さな粒子は肺まで達し、肺で溶けて血液に吸収されることもある。肺で解けない硬い粒子は、体の防御機構により除去される。

   体に吸い込んだ粒子は、気道で分泌された粘液が粒子を覆い、咳とともに吐き出しやすくしたり、気道の表面を覆っている小さな線毛は肺の外へと押し出す。また、マクロファージがほとんどの粒子を飲み込み、肺胞の内部で無害化するなどと吸い込んだ粒子を除去する方法がある。 有機物には、炭素を含む物質、穀物の粉、綿の誇り、動物の皮膚が剥がれた鱗屑などの生活環境由来の微粒子があり、無機物にはアスベストや金属塩といったものがあり、これらの様々な粒子が肺を傷つける。

   動物の鱗屑などの1部の粒子は、花粉症や喘息に似たアレルギー反応を、また他の粒子はアレルギー反応でなく、気道や肺胞の細胞に有毒なために障害を引き起こすなど、様々な粒子が体内でいろんな反応を起こす。シリカの粉やアスベストなどの粒子は慢性的な刺激となり、肺組織の瘢痕化を起こし、アスベストなどの有害粒子は、肺を包む胸膜に中皮腫という癌を発症することがある。その中でも特に喫煙者は肺がんを発症する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド