珪肺症の症状と治療 


   珪肺症は、肺の不可逆的な瘢痕化で、シリカの粉塵を吸いこんで発症する。珪肺症は最も古くから鉱山労働者、砂岩、花こう岩の切り出し労働者、鋳物工場の労働者、陶器職人などの職業性肺疾患として知られ、何年も仕事により日常的にシリカの粉を吸い込んだ人に発症する。

   シリカの粉塵は肺に到着し、マクロファージなどの食細胞がそれを飲み込み、食細胞が出す酵素により、肺組織に瘢痕化を引き起こす。はじめに瘢痕化した場所は小さく丸いこぶで単純結節性珪肺症とよばれるが、それはさらに結合して大きくなり、集塊性珪肺症と呼ばれる。瘢痕化した場所は酸素が血液中にうまく移行できず、肺は弾力を失い、呼吸が苦しくなる。

   粉塵にさらされてから、通常20年以上経過すると症状が出てくるが、サンドブラストを使用したり、トンネルを掘ったり、研磨剤を製造するなど、高濃度のシリカの粉塵を吸い込む環境にいた人は、10年以内に症状が出現することがある。単純結節性珪肺症はシリカによる肺疾患では最も軽症であり、特に問題がない。まれに太い気道が炎症を起こし、慢性気管支炎の状態にあるため、痰を伴う咳がでることがある。集塊性珪肺症はさらに重たく、痰を伴う咳に加え、ひどい息切れが起こる。シリカを扱う仕事を辞めた後でも、数年間にわたり呼吸が悪化することがあり、肺の損傷は右心室に負担をかけて、肺性心と呼ばれる致死的な心不全を起こすことがある。珪肺症の患者は結核菌にさらされると、結核を発症する確率がすごく高くなる。シリカを扱う仕事をしていた人で、胸部X線検査で、瘢痕化と小結節を示す特有の陰影がみられた場合、珪肺症と診断される。また肺機能が損なわれていないかどうかを確認するために、呼吸検査を行うこともある。

   珪肺症の予防には、職場でシリカの粉塵が出ないよう抑えることが必要である。サンドブラストを使用する工場のように、粉塵を避けられない場合は、作業者はきれいな外気が供給されるフードや特殊フィルターで小さな粒子を除去するマスクなどの防護着を使用する必要がある。また、できるだけ砂以外の研磨剤を用いるべきである。
   シリカの粉塵にさらされる作業者は定期的に胸部X線検査を受けることで、病気を早期に発見することができる。
   珪肺症は完治できないが、発症早期の段階で、シリカを避けるよう注意することで病気の進行を遅らせることが可能である。呼吸困難がある場合は気道を広げ、分泌物を吐きだしやすくする薬物療法を行う。珪肺症の患者は結核を発症する確率もたかいため、ツベルクリン反応検査も定期的に行う。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド