黒色肺の症状と治療 


   黒色肺は、炭鉱労働者に起こる塵肺症で、肺の内部に石炭の粉塵が蓄積して起こる病気である。石炭の粉塵は比較的不活性化な物質なため、激しい反応を引き起こすことはないが、X線では小さな斑点として現れる。また、石炭の粉塵で気道がふさがることもある。

   単純性黒色肺では、石炭の粉塵は肺の細気管支を取り巻くようにたまっていくため、単純性黒色肺の患者の1~2%は肺の内部に直径約1cm以上の大きな瘢痕がみられ、より重い進行性塊状線維症を発症する。進行性塊状線維症は、肺組織や肺内部の血管は、瘢痕化により破壊され、石炭の粉塵にさらされなくなった後も悪化することがある。

   カプラン症候群は、瘢痕化による大きくて丸い小結節が肺の内部に急速に生じる病気で、関節リウマチのある炭鉱労働者がかかるまれな病気ともいえる。この小結節は、大量の石炭の粉塵にさらされた人で、黒色肺ではない人もできる症状である。

   単純性黒色肺は通常何も症状を起こさないが、患者の多くは気道の病気である喫煙者に多くみられる気管支炎や肺気腫などをもっているために咳や息切れを起こしやすくなる。重度の進行性塊状線維症になると、生活に支障をきたすようなせきや息切れを起こす。10年以上炭鉱で働いてきた人や、長期間にわたり、石炭の粉塵にさらされてきた人でX線に特徴的な斑点がみられた場合は黒色肺と診断される。

   黒色肺は特別な治療法がないため、換気装置の導入、防塵マスクの着用の利用で作業現場の粉塵発生を抑え、予防することが重要である。また、炭鉱労働者は、毎年胸部X線検査を受け、黒色肺を早期に発見できるようにし、黒色肺と診断された際は、進行性塊状線維症の発症を予防するため、できるだけ石炭の粉塵の量がすくない場所へ移る必要がある。息切れがある場合は、気道を広げ、分泌物を吐きだしやすくする薬物療法を行う。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド