アスベスト肺について 


   アスベスト肺は別名、石綿肺とも呼ばれ、アスベストの粉塵を吸い込んだために肺組織の広範囲に及ぶ瘢痕化が起こる症状である。アスベストは異なる化学構造をもつ繊維性の無機ケイ酸塩から構成されている。アスベスト繊維を吸い込むことで、瘢痕化を起こし、肺を覆う2層の胸膜が肥厚化する胸膜プラークと呼ばれる状態になるが、癌には移行しない。また、胸膜腔に液体がたまり、非癌性アスベスト胸水という症状が起こる。

   アスベストは胸膜内に中皮腫と呼ばれる癌を起こし、腹膜内には腹膜中皮腫とよばれる癌を起こすこともある。中皮腫はアメリカでは唯一の癌性の原因といわれ、4種類あるアスベストのうち、クロシドライドを吸い込んだ後に生じることが最も一般的である。また、アモサイトと種類のアスベストも中皮腫を起こすため、日本でも製造中止となっている。クリソタイルは他の種類に比べ、中皮腫を起こしにくいが、まれにトレモライトが混ざっていることもある。通常どんなに微量でもアスベストにさらされて30~40年たってから発症する。また、吸い込んだアスベストの繊維と量により肺がんも起こりうる。

   アスベストの危険性は広く警戒されているが、職場以外でアスベストにさらされても病気を発症するリスクは極めてわずかである。アスベストは小さく砕かれないかぎり、肺の内部に吸い込まれることはない。アスベストを含む断熱材が使用されている建物の解体作業人や定期的にアスベストを扱う人などアスベスト繊維にさらされる機会が増えるほど、アスベストに関連する病気、また肺疾患を引き起こすリスクが高くなる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド