化繊肺の症状 


  化繊肺は合成繊維の吸入により起こる慢性的な肺疾患で、ナイロン製品の加工工場で働く労働者は、細い気道の壁や気道と肺胞の間の隙間に、慢性的な炎症や、瘢痕化を起こす。化繊肺を発症する可能性があるのは、ナイロン製品の加工過程全体でなく、合成繊維の製造過程で広く採用されているフロッキングという過程で、起毛しているフリース素材を作成するために、裏地に毛足の短い繊維をはりつける作業の際に合成繊維を吸入して起こることが多い。

   化繊肺にかかると、息切れが起こり、胸部X線画像上に異常が認められる。症状は自然に改善していくが、合成繊維を取り扱わなくなっても、100パーセント完治するわけではなく、ステロイド薬の服用で症状を穏和するような処方をされることがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド