浸潤性肺疾患の概要 


  肺組織内部への炎症細胞の異常な浸潤により、同じような症状がみられる病気は多い。これらの浸潤性肺疾患の発症早期は、炎症細胞やタンパク質を多く含んだ液体が肺胞及び、壁、肺胞の間の間質に蓄積し、肺胞炎を起こす。炎症が続くと、たまった液体が固まり、肺組織に置き換わる瘢痕化を起こし、線維症になる。

   肺胞が破壊されるにつれ、分厚い壁を持つ嚢胞がその場所に残る。嚢胞は、ミツバチの六角形の巣に似ているため、この状態を蜂の巣状変化と呼ばれる。こうした変化で生じた病態を肺線維症といい、多くの病気がこの病気を引き起こすが、特に免疫系に異常をきたす病気が多い。

   呼吸器科の専門医は、浸潤性肺疾患を分類して考えるが、これらの病気には同じ特徴があり、どの病気でも血中に酸素を送り込む能力が低下し、肺の効果や委縮が生じるために、呼吸困難になる。しかし、二酸化炭素を血中から放出する作用は影響を受けない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド