リンパ性間質性肺炎の症状


   白血球の1種である成熟したリンパ球が肺胞と肺胞の間の空間内に蓄積するめずらしい肺疾患をリンパ性間質性肺炎という。
   リンパ性間質性肺炎は主に子供に発症する病気であるが、まれに大人でもみられる。この病気を発症する患者の約4分の1はシェーグレン症候群の患者である。またヒト免疫不全ウイルスに感染している患者にリンパ性間質性肺炎が発症することがある。この病気の進行はゆっくりではあるが、肺に嚢胞を形成し、リンパ腫を起こす。リンパ性間質性肺炎は、ステロイド薬の服用で症状が軽減する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド