サルコイドーシスについて 


   サルコイドーシスは、体の様々な器官に炎症細胞が異常に蓄積し、肉芽腫を生じる病気で、発症原因はわからない。感染症または、免疫系の異常反応によって発症するのではないかと考えられている。

   また、遺伝的な要素が重要という可能性もある。サルコイドーシスは人種を問わず、20~40歳の間に発症することが多いが、最もスウェーデン人とアフリカ系アメリカ人に多くみられる。サルコイドーシスの特徴は、肉芽腫という炎症細胞の蓄積がみられることである。

   サルコイドーシスにかかると、初めに片方の肺に生じ、肉芽腫はリンパ節、両方の肺、肝臓、眼、皮膚にも形成される。まれに脾臓や骨、関節、骨格筋、腎臓、心臓、神経系にも形成される。肉芽腫は次第に完全になくなるか、瘢痕化した組織になる。
   サルコイドーシスは何も症状がないため、他の理由で実施した胸部X線検査によって発見されることが多い。

   重い症状があらわれるのはまれで、ほとんどの患者に軽い症状がみられる。サルコイドーシスの症状は、病変のある部位や範囲により大きく異なり、発熱、疲労感、鈍い胸痛、関節痛などが初期症状にみられる。

   一般的にリンパ節が腫大するが、何も症状は起こすことはない。病気が治るまで発熱や寝汗が繰り返し起こることもある。サルコイドーシスによって肺が最も影響を受け、炎症を起こした後、瘢痕化や嚢胞の形成を引き起こすため、せきや息切れが生じる。ただし、進行性の瘢痕化はめったに起こらない。

   重症の肺質感はいずれ右心室の働きを弱め、肺性心を起こす。胸部X線検査では、肺と心臓が接する部分または、右側の気管支のリンパ節の腫大が見つかることがある。また、サルコイドーシスにより、よく皮膚も影響を受ける。EUでは、すねの上に、ふくれて圧痛のある赤いしこりができ、発熱や関節痛を伴うことがあるが、こうした症状はアメリカではほとんどみられず、サルコイドーシスが長期間続くと、平らな斑点や隆起した斑点、皮膚のすぐ下にしこりなどが形成され、鼻やほお、唇、耳などが蒼白になる凍傷ループスを伴うことがあり、黒人女性に最も多くみられる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド