中性脂肪について 


   中性脂肪は、腸と肝臓で脂肪酸という小さな脂肪からつくられ、脂肪酸には体内で作られるものもあるが、食物から摂取しなければならないものもある。
   血液はほとんどが水分のため、コレステロールや中性脂肪などの脂質は、血液中をよどみなく流れることができない。
   そのため、血液中を循環するために、タンパク質などの物質と結びついて、リポタンパクと呼ばれる粒子を形成する。
   リポタンパクには、カイロミクロン、超低密度リポタンパク(VLDL)、低密度リポタンパク(LDL)、高密度リポタンパク(HDL)がある。

   LDLによって運ばれるコレステロールはLDLコレステロール、HDLによって運ばれるコレステロールはHDLコレステロールと呼ばれていて、それぞれ異なる役割があり、それぞれ異なる形で分解され放出される。
   体はリポタンパクをつくる速度を増減することによって、リポタンパク濃度を調整することができる。
   また、リポタンパクが血流に出入りする速さも調整できるのである。
   脂質濃度は、加齢に伴う変化、遺伝性疾患を含むさまざまな病気、薬の使用、生活習慣によって異常値になることがある。

   特にコレステロールの異常値は、アテローム動脈硬化などの障害の原因になり、LDL、HDL、VLDLコレステロールを含めた総コレステロール値が高いか、悪玉と呼ばれるLDLコレステロール値が高いと、アテローム動脈硬化のリスクが高くなり、それによって心臓発作や脳卒中のリスクも高くなるのだ。だが、善玉と呼ばれるHDLコレステロール値が高い場合はリスクが減少し、反対にこの数値が低い場合はリスクが高くなる。
   中性脂肪値が心臓発作にどう影響するかは、コレステロールほど明確ではないが、非常に高い中性脂肪値(血液500mg/dL以上)では、膵炎のリスクが高まり、20歳を超えたら、少なくとも5年に1回は、絶食時の総コレステロール値、中性脂肪値、LDLコレステロール値、HDLコレステロール値を測定する必要がある。
   これらの測定結果は、まとめて絶食時リポタンパクプロフィルと呼ばれている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド