高リポタンパク血症(高脂血症)について 


   高リポタンパク血症(高脂血症)は、リポタンパクに運ばれる脂質の血液中の濃度が異常に高い状態だ。
   リポタンパクと脂質、LDLコレステロールの値は、年齢とともに徐々に上昇する。
   男性は女性よりやや高めだが、女性の場合は閉経後に上昇。
   年齢に伴うリポタンパク値の上昇は、高リポタンパク血症の原因となり、アテローム動脈硬化のリスクを高めるが、善玉のHDLコレステロール値が高いのは有益で異常ではない。

   高リポタンパク血症のリスクを高める要因は、家族や親戚に高リポタンパク血症の患者がいる、体重過多、飽和脂肪やコレステロールが多い食事、運動不足、中程度から過量の飲酒などだ。 食生活の影響はある程度現れるがその程度には個人差がある。
   遺伝性の疾患を含めて、脂質濃度を上昇させる疾患があり、十分にコントロールされていない糖尿病や腎不全は、総コレステロール値や中性脂肪値を高め、閉塞性肝疾患や甲状腺機能低下症でも、総コレステロール値は上昇する。
   一部薬剤の影響でも中性脂肪値を上昇させる。
   脂質濃度が高値でも、普通は無症状である。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド