体内の水分を考える 


   体内の水分は体重のおよそ半分から3分の2を占めている。
   脂肪組織は水分の割合が少なく、女性は脂肪が多い傾向があるため、平均的な女性の体内の水分の割合は男性より低くい(男性が60%に対して女性は52~55%である)。
   高齢者や肥満の人も体内の水分の割合が低く、約70キログラムの男性の場合は、体内におよそ38リットルの水分がある。
   細胞内に23~26リットル、細胞周囲に約8リットル、血液中に約4リットル弱(総水分量のおよそ8%に相当)があるのだ。

   体は各部位にある水分量を調整することができる。
   必要に応じて水を移動させて、各部位の水分量を比較的一定に保つことで、体は正常に機能できるようになるのである。
   体は主に、消化管からの吸収で水分を得る。
   更に、体が特定の栄養素を代謝するときにも、少量の水が生成される。
   水分の摂取量は、失った分とバランスを取らなければならず、水分バランスを維持し、脱水や腎結石など医学的な異常が発生するのを防ぐには、健康な成人で1日に少なくとも約1.5~2リットルの水分を摂取する必要がある。

   体にとっては、水分を節約して使うより、余った水分を排出する方が簡単なため、水分の取りすぎは少なすぎるよりは好ましいといえる。
   しかし、腎臓が正常に機能していれば、体は水分摂取量の変動に幅広く対応できるのである。

   体は主に、腎臓からの尿の排出によって水分を失い、体の必要量に応じて、腎臓が排出する水の量は、1日に0.5リットル以下の場合もあれば、8~11リットルに達する場合もある。
   水分は、皮膚からの蒸発や呼吸でも、1日に0.7リットル程度が失われ、激しい運動、高温の気候、発熱などによって大量の汗が出ると、水分の喪失量は劇的に増加する。
   通常、消化管から水分が失われることはほとんどない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド