さまざまな理由による脱水症状 


   脱水とは、体内の水分喪失量に対して水分摂取量が不足することによって起こる状態をさす。
   したがって脱水の原因としては、水分の摂取が不足する状態あるいは水分の喪失が過剰となる状態の二つが考えられる。

   実際には、水分の摂取が不足すると同時に喪失も亢進することが珍しくない。
   脱水の原因として、嘔吐、下痢、利尿薬の使用、暑さなどによる多量の発汗、水分の摂取不足が脱水の原因になる。

   脱水は特に高齢者によくみられ、原因は、のどの渇きを感じる中枢が、若い人のように正常に機能しないためである。
   そのため、高齢者は自分が脱水状態であることに気づかない場合がある。
   糖尿病、尿崩症、アジソン病は、尿の排出量を増加させ、脱水を引き起こし、脱水状態になると血液中のナトリウム濃度が上昇する。
   しかし、多量の発汗、嘔吐、下痢など、一般的な原因による脱水の際には、電解質も失われてしまう。
   したがって、脱水になるとナトリウムの量自体は減るが、それ以上に水分も失われるため、ナトリウムの濃度が上昇する。
   血液中の電解質が不足すると、水分が細胞内から血液中へ移動しにくくなり、血液中の水分量が十分に補充されなくなるため、結果、血圧が下がり、立ちくらみや失神が起こる。

   水分や電解質がさらに失われると、血圧が危険なレベルまで低下してショック状態となり、腎臓、肝臓、脳などさまざまな内臓器官に重度の損傷が生じる。脱水状態になると、脳の中枢が刺激され、水分を摂取するという行動が促され、水分の摂取量が失った分に追いつけないと、脱水状態がさらに激しくなる。
   発汗量が減り、尿の排出量も少なくなり、必要な量の血液と血圧を維持するために、水分が細胞内から血流へ移動する。
   脱水が続くと、体の組織が乾きはじめ、細胞はしぼんで機能しなくなる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド