年齢層による体内の水分量2 


  水分量の低下による影響をあげると、

1. 髪の毛・・・パサつきツヤがなくなり、抜け毛が増える。
2. 皮膚・・・・乾燥しやすく特に肘・膝・かかとなどカサつきかたくなる。またしわができやすくなる。
3. 爪・・・・・割れたり、裂けたり爪が硬くなる。
4. 骨・・・・・軟骨や椎間板の水分量が減る。関節の動きが悪くなる。
5. そのほかの身体への変化や影響・・・・
・風邪にかかりやすくなる
・便秘しやすくなる
・胆石や尿路結石ができやすくなる
・膀胱炎や腎盂腎炎にかかりやすくなる
・尿酸がたまりやすくなる
・痛風になりやすくなる
・脳梗塞をおこしやすくなる
・血圧が低下する
・立ちくらみをおこしやすい
・熱中症になりやすくなる
・脱水症状をおこしやすくなる
・粘膜が乾燥しやすくなる
・目が引っ込んでくる

  などがあげられる。
  簡単にできるセルフ水分チェックとしては、

1.脇の下をさわって湿っていればOK。乾いていれば水分不足のサインである。
2. おや指の爪を押して離し、赤みがすぐに戻らなければ水分不足だ。
3. 手の甲の皮膚をつまんで山を作り、すぐ離したときもとに戻らない場合は水分不足である。

   水分不足は単にのどが渇くことだけではなく、水分を上手にとることで生活習慣病を予防して老化の加速を緩めることもできる。高齢者ほど、のどの渇きを感じる前に定期的に水分をとるようにするべきである。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド