足根管症候群の症状と治療 


   足根管症候群は、後脛骨神経炎とも呼ばれ、足首や足、つま先などに、かかとと足の裏を通生じてっている後脛骨神経が圧迫や損傷を受け、痛みを生じる状態のことである。 ふくらはぎの後ろ側をふくらはぎに沿うようにかかと近くの線維の管を通って、足の裏まで伸びているのが、後脛骨神経であり、この後脛骨神経の周囲にある神経が炎症を起こしてしまうと神経に圧迫が生じて痛みが生じてくる。

   足根管症候群では、痛みが最もよく見られる症状で、立ったり、歩いたり、靴により、ビリビリと焼ける様な痛みが生じる。
   足首の周辺での痛みに限局してはいるが、症状が悪化することで、歩行の際などに、痛みが指先まで生じることもある。
   この痛みは、安静にすることで軽減することができるが、場合によっては、安静にしている時にも痛みが伴うこともある。
   足根管症候群の診断は、患部の診察により、患部を軽く叩いて、ピリピリとした痛みが、かかとから土ふまず、指先へ広がっていくかといった診察を行う。
   足根管症候群の原因が何によるものか断定し手術の必要も考慮する場合には、様々な検査が必要となってくる。

   足根管症候群の治療は、痛みの軽減には、ステロイド薬と局部麻酔薬を混合したものを患部に注射することが有効である。
   神経の圧迫を軽減する為には、靴の中に特殊な矯正用具を入れておくと有効となる。
   しかし、こういった治療法でも痛みが軽減されないようであれば、神経の圧迫を取り除く為の手術に必要も出てくる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド