陥入爪の症状と治療 


   陥入爪は、変形した足の爪が皮膚の方向に成長してしまったり、爪の周辺の皮膚が早く成長することで爪の一部を巻き込んだりしておきる足の爪の縁が周囲の皮膚に食い込んでしまった状態のことである。
   陥入爪は、足に合っていない靴を履いたり、爪を切るのに、角を丸くカードして切ることで起き、悪化させる可能性もある。
   陥入爪は、初期の状態であれば、特に痛みなどの症状もないが、症状が悪化するに従い痛みが生じるようになり、陥入した部分が圧迫されると、激しい痛みが生じる。
   また、患部が赤くなり、熱感を伴ってくる。

   陥入爪は、治療しないままにしておくと、感染症をおこしやすくなり、感染症になると、患部が赤く腫れ痛みを生じる。
   さらに悪化していくと水疱ができ、破れると中からがでてくる。
   陥入爪の治療は、症状が軽い場合には、爪を切り取ることができるので、爪の端を切り、その後、軽く爪を持ちあげて、滅菌した綿を炎症が治まるまで詰めておく。
   爪を切ることができないなどして治療が必要となってくる場合には、局所麻酔をして、陥入した部分の爪を切り取ることで炎症は治まり再発する可能性もない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド