爪真菌症の症状と治療 


   爪真菌症とは、爪に起きる真菌の感染症のことである。
   爪真菌症の中でも、最も多いのが水虫で、公共の場所などで、裸足で歩いたりすることで真菌が足に付き、感染する。
   この時に最も多く付着するのが、水虫になる。
   特に高齢者や糖尿病患者、足の血液循環が良くない人などは、真菌感染症を起こす可能性が高くなる。
   爪真菌症は、軽度の場合では、症状というものも全くないことが多い。
   だんだんと悪化し、重度になってくると、爪が白い色か黄褐色に変色してしまい、爪が厚くなり、爪は通常であれば端の方から欠けていき、爪の基底部から離れていく。
   爪真菌症は、欠けた爪の破片を顕微鏡で調べて見て診断を確定することになる。

   さらに培養することで、感染している真菌がなにであるかを確認することになる。
   爪真菌症は完治することが難しく、症状の重症度や本人が感じる不快感がどの程度であるかにより治療を行うことになる。
   まず、爪を短く切り揃えて、不快感が減少するようにする。
   爪真菌症の場合には、軽度から中程度の症状であれば、抗真菌薬であるシクロピロクスを爪に塗ることで効果が得られる。
   シクロピロクスを爪にマニキュアの様に塗ることで、薬剤が爪から浸透していき、感染を起こしている爪の基底部にまで届くようになる。
   また、シキロピロクスは、副作用がないので、爪に塗るだけでなく、経口投与することもある。

   爪真菌症の治療に使われる薬は他にもあり、グリセオフルビンやテルビナフィンなどの抗真菌薬は経口投与することで症状に改善がみられる。
   時には、完治することもある。
   グリセオフルビンとテルビナフィンを比べると、テルビナフィンの方が作用が早くより効果的であり、副作用もほとんどない。
   他にもトリアコナゾールやフルコナゾールといった抗真菌薬がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド