爪炎の症状と治療 


   爪炎とは爪と爪床におきる炎症と感染症のことである。
   爪炎を起こす最も多い原因が外傷である。
   外傷は、爪に直接怪我を負う場合もあれば、靴が足に合っていない為に爪が圧迫されておきる事もある。
   他にも、乾癬や湿疹、糖尿病なども原因になることがある。
   特に糖尿病は代表的な原因の1つであるが、糖尿病の場合、足の血行が悪くなっており、感染に対しての抵抗力が衰えてしまっているからである。
   時には、栄養不足が原因に関係していることもある。

   爪炎の症状としては、感染した爪が炎症を起こし、腫れや痛みを生じる。
   感染した爪から膿が漏れると、さらに感染が広がっていく。
   爪炎の治療としては、まず感染した爪を切除する必要がある。
   爪を切除することで膿が流れ出ることもあるが、膿がでなかったときには、外科用のメスで、切開し膿を出してしまう必要がある。
   また、爪の一部を切除することでも治療の効果を上げることができる。
   その後抗生物質を服用したり、抗生物質の軟膏を塗る治療を行う。
   収れん薬であるエプソム塩をしようして排膿も行う。
   しかし、こういった治療をおこなっても治らない場合には、爪の一部があるいは全部を取り除く外科的爪床切除術を必要とすることもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド