うおのめ・たこの治療 


   うおのめたこ、うおのめは、足の指の親指以外の指の甲側の関節部に特にできやすい、円錐上の硬い隆起のことになる。
   たこの方は、足の裏の皮が平らで丸く厚くなった状態である。
   うおのめもたこも両方ともに、まさつや圧力によってでき、原因の多くは、自分の足に合っていないきつめの靴を履くことでできる。
   他にも原因としてハンマー足指やその他の足の指の変形によることもある。
   たこの場合には、特に靴の履き方に問題があり、足への体重分散に偏りができることが原因となって足の母指球にできることが多い。
   うおのめやたこは、症状として、足全体が焼けるような感覚があったり、特定の一部に鋭い痛みを生じる。

   うおのめやたこは、治療をしないままにいると奥にある組織が炎症を起こし、感染症を起こすこともある。
   うおのめやたこの治療は、外科用のメスを使って厚くなっている部分を削り取り、フェルトや毛皮などで作られたパットで患部への圧迫を減らすように当てておく。
   靴の中に矯正器具やインナーといったものを入れて履くことも効果的である。
   しかし、患部に血流障害があると削り取ることはできないので、患部への圧力を軽減させる為の特殊な靴を履く必要がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド