巨爪症と爪鉤弯症の症状と治療 


   巨爪症とは、爪の底の部分が厚くなってしまう病気で、爪鉤弯症は、長期に渡って爪が厚くなり、羊の角のように大きな弯曲を起こす病気である。
   特に高齢者の場合には、爪が厚くなる病気になりやすいようである。
   高齢者の爪が厚くなる原因としては、足に合っていない靴をはくなどしてできたけがや感染症、血流不足、糖尿病栄養素の不足が案が得られる。

     巨爪症や爪鉤弯症にならない為には、足に合っていない靴は履かないようにし、足の指がくっついてしまうストッキングなどを履くことも避けるようにすると良い。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド