ハンマー足指の症状と治療 


   ハンマー足指は、足の指が縮んだままの状態で固まってしまう状態のことである。
   ハンマー足指では、長い間足に合わない靴を履き続けることが最も多い原因となる。
   指の一部が高めの位置にある場合には、過剰な摩擦を受ける可能性が高く、摩擦を受けることでその部分に潰瘍ができてしまうこともある。
   ハンマー足指の治療としてまず行うのが、足に合った、つま先に刺激を受けることがない靴を履くことである。
   このような靴を履くようにしながら、潰瘍の治療やその他の炎症を起こしている皮膚の治療も行われる。
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド