胃腸炎について 


   胃腸炎とは、微生物の感染や毒性の化学物質が原因で起こる胃腸疾患。

   症状としては下痢だが、程度は軽症から重症まで様々だ。
   さらに、吐き気、嘔吐、食欲減退、けいれん痛、腹部不快感などの症状も伴う。
   通常、成人で健康だとは症状が軽く、不快感と多少の体調不良が起こる程度だが、病弱な人や、若年者、高齢者では、脱水症が起きたり、体液の電解質バランスが崩れたりして命にかかわることがある。

   胃腸炎を起こす細菌の中には人から人へと伝染するものもある。
   特に、下痢をして排便後によく手を洗わないと感染しやすくなる。
   また、感染した人の便で汚染された食べ物や飲み物から感染が広がることもある。
   感染の対象は1人だったり大勢だったりで、大勢の人が突然発症することを流行という。
   ほとんど全ての食品が、加熱や殺菌が不十分だと胃腸炎の原因となる。
   時には、動物の便で汚染された池の水や、他人の便で汚染されたプールなど、汚染された水を飲んで感染することもある。
   その他、感染性の微生物を保有した動物に触って胃腸炎を起こすこともある。

   腸壁の細胞から、電解質と水を分泌させる毒素を生成するものがある。
   その例がコレラ菌が生成する毒素で、コレラの主症状である水様性の下痢になる。
   ビブリオ属の菌は生の貝類に多く含まれ、コレラ同様の下痢を起こすが、程度は幾分軽い。
   大腸菌は、種類によっては旅行者下痢症や、病院の乳児室で集団下痢を起こすことがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド