ウェルシュ菌食中毒とは 


   ウェルシュ菌食中毒は、ウェルシュ菌に汚染された食べ物を食べることで起こる。
   小腸にウェルシュ菌が到達するとそこで毒素を生成し、下痢が起こってしまう。

   ウェルシュ菌の菌株によっては、症状はそれほど重くなく、特に治療しなくても回復する。
   しかし、重度の胃腸炎になって小腸に損傷を与え、命にかかわるような菌株もある。
   ウェルシュ菌食中毒は、汚染された肉類が原因での集団発生が起こることがある。
   また、十分に加熱調理しても死滅しない菌株がある。

   ウェルシュ菌食中毒による胃腸炎は軽度だが、腹痛、腹部のガス膨張、ひどい下痢、脱水、極度の血圧低下が起こることもある。
   地域的な食中毒の発生があると、ウェルシュ菌食中毒が疑われる。
   食べた食品を分析し、ウェルシュ菌が発見されると診断が確定する。
   患者は水分を補給し安静にするように指示される。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド